pict+pict

気ままに写真の日々つづり

誕生日

f:id:chikachi_3:20170816224237j:plain

 

こどもの誕生日でした。

 

f:id:chikachi_3:20170816224257j:plain

 

高感度の使用感を試せるいいチャンスになりました。

暗くてもしっかりと。夜の撮影も怖くなくなりそうです。

 

 

f:id:chikachi_3:20170816224320j:plain

 

プレゼントはクーピーペンシルにしました。

私も絵を描く時使えるかと思っちゃったりして。

色いっぱい、嬉しい。

練習中。

f:id:chikachi_3:20170816000804j:plain

 

 

f:id:chikachi_3:20170816000811j:plain

じいちゃんと滑り台の練習。

 

f:id:chikachi_3:20170816000756j:plain

まだまだ及び腰。

湿り気

f:id:chikachi_3:20170814111921j:plain

 

私がまだ学生の頃、とてもハマった映画がありました。

ウォン・カーウァイ監督の香港映画 「欲望の翼」です。

f:id:chikachi_3:20170814111132j:plain

当時は映画の主旨が難解でさっぱり訳が分からず、

それがかえって自分の心に残ってしまったといった感じです。

それから何度かまた観て、その世界観が自分なりに解ってきて、

今ではマイベスト映画5本の指に入るくらいお気に入りに。

 

さておき、当初その意味不明さに惹かれた以上に、映画の映像のインパクトがとっても印象に残りました。

古めかしいだけじゃない印象的な色合い、そして鬱蒼とした匂いまで感じそうな湿り気のある映像。

映像でこんなに湿気を感じるなんて!と当時の私にはかなり衝撃的だったのです。

 

そして写真を始めてからまたこの映画を見た時、クレジットに"AGFA"の文字が。

そうか、この映画ってAGFAのフィルムで撮ってたのか、とちょっと嬉しくなって

香港に行く機会ができた時迷わずAGFAのフィルムを持っていった次第です。

 

そんなお気に入り映画の中に入り込んだ気分で。

 

f:id:chikachi_3:20170814112000j:plain

 

 

f:id:chikachi_3:20170814112024j:plain

 

 

f:id:chikachi_3:20170814112053j:plain

 

この映画の重要なモチーフの一つが時計なので、時計を合わせた風景を雰囲気良く撮りたかったのに、難しい。。

 

賞味期限

f:id:chikachi_3:20170813231634j:plain

 

 

ここ数年、色々忙しくて思うように写真が撮れないでいたので

悉くフィルムの使用期限を過ぎたり、現像になかなか出せず時間が経ちすぎたり。

 

そうなるとザラザラ粒状感がUPして、色がくすんで変わってきたりするのですが

それも意外性があって何だか面白く感じます。

でもやっぱりフィルムは期限内に使うに越したことはないか。

子どもの情景

f:id:chikachi_3:20170812005048j:plain

 

風邪っぴきで折角の休みも外に出られず、おうち遊び。

 

 

f:id:chikachi_3:20170812005112j:plain

 

みんな、ねんねしよ。

退院

K-1が退院して手元に帰ってきました。

 

後ピンを自分でAF微調整で何とかしようとしたけどイマイチ上手くいかず。

でもSC送るのも面倒臭いからもう全部MFで使えばいっかー、なんて思ったりして

もっと面倒な事になるところでした。

素直にSCに送って良かった。

 

カメラが帰ってくるとやはり嬉しく、試し撮りをしたくてうずうずしますが

いかんせん仕事と育児真っ最中なので旅行スナップやお散歩スナップが出来ず、

フォトジェニックなものが撮れないのが悔やまれます。

 

仕方なく、子どもが保育園から持って帰ってきた工作や料理中の風景などで試し撮りをする事にしました。

ああ、お散歩スナップしに行きたい。

 

f:id:chikachi_3:20170811001845j:plain

 

 

f:id:chikachi_3:20170811001911j:plain

 

明日は引き続き弟分(K-S1)も退院予定なのでした。

はじめての一眼レフ

写真にはまることになったきっかけを振り返ってみました。

 

昔、ふと旅行前にカッコいい旅行写真が撮りたいと思いまして。

(それまでは写ルンですとかコンデジで適当に撮るだけ)

それならばやっぱり一眼レフだろうとカメラ屋に行ってパンフレットを漁り、一番有名なのはニコンだからニコンのデジタル一眼にしようとぼんやりと考えていたら

父が「俺が若い時買った一眼レフがあるからそれ使ったらどうだ」

と譲ってくれたのがPENTAX SV。

 

なんだ、デジタル一眼じゃないんだ・・・

と半ばがっかりしてしまいましたが、折角だからと適当に使ってみました。

初めての一眼で撮った猫の写真です。

絞りもシャッタースピードもMFもさっぱりわからなかったので、

ボケボケかつ猫じゃなくてタオルにピントが合っています。酷いな、コレ。

 

f:id:chikachi_3:20170809121829j:plain

 

f:id:chikachi_3:20170809121757j:plain

 

こんな失敗作でも写ルンですコンデジにはない味、油絵のようなこってり&柔らかさに

フィルム一眼スゴい!と一気に魅了されて、今に至ります。

ホント、SVを手にしてから世界が広がった気分になりました。

「こんな古いカメラじゃなくてデジタル一眼がいいのにー」と腐して御免なさい、父上。

いずれはうちの子どももこのカメラを使ってくれたら嬉しいな。

 

f:id:chikachi_3:20170809125241j:plain